2019年度第46回大会の予定

1 第46回大会:2019年6月8日(土)~6月9日(日)
2 会場(6月8日):武庫川女子大学甲子園会館
 所在地:兵庫県西宮市戸崎町1-13 JR神戸線甲子園口駅より南へ徒歩10分
 会場の甲子園会館はフランク・ロイド・ライトの弟子遠藤新の設計で、昭和5年(1930)に竣工し、甲子園ホテルとして建設された。現在は武庫川女子大学の建築学科や学内研究機関の生活美学研究所などの学舎として利用されている。外観・内部とも建築当初の意匠が残 されており、国登録有形文化財(建造物)となっている。そこで、6月8日は講演に替えて、建物内の特別見学を行う。
3 理事会(3階講座室)  
 代議員総会・会員総会(以降、1階西のホール)
 学会賞授賞式
 記念撮影・館内見学
 研究発表
4 懇親会(6月8日):会場:ホテルヒューイット甲子園(阪神電車甲子園駅すぐ)
5 見学会(6月9日):「阪神間における伝統的民家とモダニズム建築の共存」をテーマに、近世末の大型古民家、近代初頭の擬洋風建築、W.M.ヴォーリズ設計の学舎群など、多彩な建造物を見学予定。
 阪神電車甲子園駅南口ロータリー出発
 渕上家(神戸市北区大沢、元庄屋の大型茅葺き民家、市指定)
 旧九鬼家住宅資料館(三田市、明治8年頃、擬洋風建築 県指定重文)
 ほんまち交流館「縁」(三田市、町家を改造した交流施設)
 昼食 がんこ お屋敷三田の里店(三田市、元庄屋の古民家を改造)
 神戸女学院(西宮市、昭和8年、ヴォーリズ設計の現役学舎、国重文)
 竹中大工道具館(神戸市、伝統的大工道具コレクションの専門博物館)
 新神戸駅 解散
6 実行委員:西尾嘉美(委員長、理事)、森隆男(理事)、椿原佳恵(会計、会員)
 ※ご案内は2019年3月にお送りいたします。

2019年度シンポジウム見学会の予定

1 シンポジウム期日:2019年10月19日(土)
2 シンポジウム会場:みやづ歴史の館(宮津市)
3 シンポジウムテーマ:海と漁-漁村家屋にみる文化的景観-
 趣旨説明・コーディネーター:河原典史
 パネリスト:宮津市教育委員会・河森一浩氏
 パネリスト:伊根町教育委員会・伊藤信也氏 ほか
4 宿泊・懇親会:ダイワロイヤルホテル京都宮津(宮津市)
5 見学会期日:2019年10月20日(日)
 宮津市・伊根町の伝統的建造物群・文化的景観などの見学
 主な見学地
 小田宿野(宮津市、舟屋集落)
 溝尻(宮津市、舟屋集落、重要文化的景観)
 成相寺(宮津市、天橋立の眺望)
 天橋立傘松公園(宮津市、日本三景)
 大垣(宮津市、重要文化的景観、土産物街)
 道の駅・舟屋の里(昼食)
 伊根浦(伊根町、舟屋集落、重要伝統的建造物群保存地区)
 JR天橋立駅解散
6 実行委員:河原典史(委員長、理事)、西尾嘉美(理事)、髙木良枝(会員)、 佐藤弘隆(会員)
 ※ご案内は2019年夏にお送りいたします。